リラックス治療

できる限り痛みの少ない治療

できる限り痛みの少ない治療

リラックス治療とは

局所麻酔時の痛みや歯を削る際の音や振動、型どりの際の吐き気、持病があるなどで歯科治療に恐怖心や不安をお持ちの患 者さんは多くいらっしゃいます。当診療所ではそのような方にも、鎮静法などの麻酔管理を用いて歯科治療時の恐怖心や不 安を軽減し、リラックスした状態で治療が受けられるようにお手伝いいたします。

歯科治療における不安の原因

多少なりとも歯科治療に苦手意識を持っている患者さんは多いです。患者さんが歯科治療において不安に思われる主な原因は以下のとおりです。

  • 麻酔や歯を削る際の痛み
  • 歯科用切削器具の独特の音や振動
  • のどの奥にたまる水による吐き気や窒息感
  • 型どりの際の不快感や吐き気
  • 全身疾患の憎悪不安

なかでも、麻酔の際の痛みに恐怖心や不安感を抱く患者さんが多く、むし歯を放置してしまうことに繋がっています。早期のむし歯であれば、簡単な治療で済みます。しかし、むし歯を長く放置すると、最悪の場合は抜歯が必要になることもあります。

痛みに配慮した麻酔管理「精神鎮静法」

当院では、歯科治療に対する患者さんの不安を少しでも軽減できるよう、できる限り痛みの少ない麻酔管理を取り入れています。これは、嘔吐反射が強い方、高血圧症や心疾患などの病気で治療のストレスをなるべく抑えたい方、大きな手術を行う方にも有効です。

笑気吸入鎮静法

気分を落ち着かせる効果のある笑気ガスを吸っていただきながら治療を行います。気分がリラックスして、治療への不安感を和らげることができます。治療後はすぐにお帰りいただけます。ただし、効果には個人差があります。

静脈内鎮静法・静脈麻酔法

リラックスした状態になれる精神安定剤や静脈麻酔薬を、点滴で体内に投与して治療を行います。個人差はありますが、笑気吸入鎮静法よりも効果があります。治療後はしばらくお休みいただき、ふらつきなどがないのを確認した後でお帰りいただきます。

全身麻酔法

長時間の治療が必要な方や、歯科治療への恐怖心が極端に強い方へ、全身麻酔を使用して眠っている間に治療を行います。

麻酔管理はこのような方におすすめです

  • 歯科治療に対して恐怖心・不安が強い方
  • 嘔吐反射(治療時の吐き気)が強い方
  • 高血圧症や心疾患などの病気をお持ちの方で、治療時のストレスを最小限にしたい場合
  • 埋まった親知らずの抜歯など比較的大きい手術を行う場合

当診療所の麻酔管理について

笑気吸入鎮静法

鼻マスクから気分を落ち着かせる効果のある亜酸化窒素ガス(笑気ガス)を吸いながら治療する方法です。 気分がリラックスし、不安感を和らげることできます。
患者さんによって効果の個人差が大きく、不安定な場合もあります。 治療後はすぐに帰宅することができます。

静脈内鎮静法

抗不安薬 ・静脈麻酔薬を点滴から体内に投与することより、非常にリラックスした状態を保ちます。また、 投与した薬の効果で治療中の不快な記憶が残らないことが多く、 亜酸化窒素吸入鎮静法に比べて効き目が高いです(個人差はあります)。

治療後は、休憩をし、ふらつき等がなく、来院時と同等な状態であることを確認した後で帰宅していただきます。

静脈内鎮静法

全身麻酔法

治療困難な部位が多く長期間の治療が必要な方、 歯科治療への恐怖心や異常絞扼反射が極端に強く、鎮静管理をもってしても治療が困難な場合などは、 全身麻酔下での治療を日之出歯科真駒内診療所で行うことがきます。

全身麻酔法

最後に

最後に、確実な 「痛みの少ない治療」は、歯科疾患にならないこと、もしくは早期発見・早期治療です。
それには、治療終了後の定期検診や継続したメインテナンスが最重要です。

最後に