研修プログラム

臨床研修プログラムについて

日之出歯科診療所

1.臨床研修プログラムの名称

日之出歯科診療所単独型歯科医師臨床研修プログラム

2.プログラムの目的と特徴

歯科医師臨床研修は、臨床歯科医師として患者中心の全人的医療を理解したうえで、歯科医師としての人格を涵養し、総合的な歯科診療能力を身につけ、臨床研修を生涯研修の第一歩とすることを目的としている。当診療所は、単独型臨床研修施設として歯科医師臨床研修を実施し、臨床歯科医師として最低限必要な知識、技能、態度の習得はもとより、将来の専門分野に向けてあるいは生涯研修の橋渡しとなるべく臨床研修を実施するものである。

当院の歯科医師は、それぞれが専門分野を持つと共に、保存・補綴・歯周病などの歯科一般、歯科口腔外科、歯科麻酔、矯正および小児歯科など総合的歯科医療を行えることを目指している。診療に際しては、担当医制をとりつつ、個々の患者に対しては常に複数の歯科医師による検討を行い、より適切な歯科医療を実践している。

そこで、臨床歯科医師として一通りの対応・処置ができるように、必要最小限の診療技術および知識を習得することが基本的な目標であるが、さらに、全身的な視点での診療計画を立案し、包括歯科医療が行えるような基本的考え方を身につける。また、日之出歯科真駒内診療所と連携をとりつつ、全身疾患を有する有病者あるいは高齢者にたいする入院管理下治療や全身麻酔をはじめとする各種管理下での治療や、訪問歯科診療あるいは救急歯科医療を通して、超高齢化社会と多様化する患者のニーズに十分対応できる歯科医師を養成することが本プログラムの特徴である。

3.研修管理委員会の名称

日之出歯科診療所臨床研修管理委員会

4.研修歯科医定員

5名

5.参加施設の概要

単独型臨床研修施設
施設名 日之出歯科診療所
所在地 札幌市中央区南1条西4丁目日之出ビル3F
開設者 医療法人仁友会 理事長 森 憲弥
臨床研修施設長 医療法人仁友会 理事長 森 憲弥
研修プログラム責任者 森 憲弥
事務部門の責任者 福島 由紀夫
外来診療時間 9:00~19:00
外来休診日 日曜、5/3、4、5および12/30、31、1/1、2、3
診療設備
一般診療室 1室 ・一般外来(歯科診療台 36台)
・予防指導外来(歯科診療台 4台)
手術室 ・歯科治療ユニット 1台
・回復ベッド 1床
特診室 ・歯科治療ユニット 1台
技工室 ・技工用キャビネット 12台
ポーセレン室 ・金属床鋳造器
・チタン鋳造器
・技工用レーザー機
レントゲン室 2室 ・歯科用X線写真撮影装置 1台
・パノラマX線写真撮影装置 1台
・3D-CT撮影装置 1台
その他の診療設備 ・オートクレーブ 3台
・口腔内画像処理システム 44台
・生体モニター 4台
・自動体外式除細動器(AED) 1台
・経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター) 4台
・酸素ボンベおよび酸素マスク 1セット
・血圧計 4台
・救急蘇生セット 1セット
・歯科用吸引装置(口腔外) 33台
研修協力施設
施設名 日之出歯科診療所
所在地 札幌市南区真駒内南町4丁目6-9
開設者 医療法人仁友会
研修施設責任者 小野 智史
事務部門の責任者 千葉 宏樹
病床数 6室14床

日之出歯科真駒内診療所

1.臨床研修プログラムの名称

日之出歯科真駒内診療所単独型歯科医師臨床研修プログラム

2.プログラムの目的と特徴

平成8年6月に『歯科医師法の一部を改正する法律』が施行され、歯科医師免許取得後1年以上の臨床研修の努力義務規定が盛り込まれ、現在に至っている。
日之出歯科真駒内診療所においては、単独型臨床研修施設として歯科医師臨床研修を実施し、臨床歯科医師として最低限必要な知識、技能、態度の習得はもとより、将来の専門分野に向けてあるいは生涯研修の橋渡しとなるべく臨床研修を実施するために、本プログラムを作成するものである。そこで、臨床歯科医師として一通りの対応・処置ができるように、必要な診療技術および知識を習得することが基本的な目標であるが、とくに全身疾患を有する有病者あるいは高齢者に対する入院管理下治療や全身麻酔をはじめとする各種管理下での治療、訪問歯科診療あるいは救急歯科医療を通して、超高齢化社会と多様化する患者のニーズに十分対応できる歯科医師を養成することが本プログラムの特徴である。

3.研修管理委員会の名称

日之出歯科真駒内診療所臨床研修管理委員会

4.研修歯科医定員

5名

5.参加施設の概要

単独型臨床研修施設
施設名 医療法人仁友会 日之出歯科真駒内診療所
所在地 札幌市南区真駒内南町4丁目6-9
開設者 医療法人仁友会 理事長 森 憲弥
臨床研修施設長 小野 智史
事務部門の責任者 千葉 宏樹
外来診療時間 9:00~18:00
外来休診日 日・祝日および年末年始
救急外来 365日24時間
常勤職員数 歯科医師12名、歯科衛生士39名、看護師1名、歯科技工士12名、 歯科助手3名、事務員7名
診療室3室 ・一般外来 (歯科診療台31台、外来小手術室1台)
・専門外来 (歯科診療台4台、口臭測定器、回復室1床全身麻酔器1器、麻酔モニターなど)
・特殊外来 (障がい者用診療台7台)
病棟5室14床 ・ナースステーション
・診察室
・検査室(血液、心電図、呼吸機能検査など)
・回復室 2床
・当直室
中央手術室2室 ・歯科治療用手術室(歯科治療台2台)
・口腔外科用手術室 (全身麻酔器3器、麻酔モニター、人工呼吸器、除細動器、血液ガス分析装置、BISモニター、 ファイバースコープ、 シリンジポンプ3台など)
技工室 ・技工用キャビネット9台
・ポーセレン室
・レーザー溶接機
レントゲン室2室 ・歯科用レントゲン撮影装置 3台 ・パノラマレントゲン撮影装置 2台
・医科用移動型レントゲン撮影装置 1台
・歯科用移動型レントゲン撮影装置 1台
・3D-CT撮影装置 1台
予防指導室1室 ・歯科診療台 4台
・歯科用移動型レントゲン撮影装置 1台
・3D-CT撮影装置 1台
その他の診療設備 ・笑気吸入鎮静器 3台
・血圧・心電図モニター 10台
・オートクレーブ滅菌器 3台
・EOG滅菌器 2台
・超音波洗浄器 2台
・酸素吸入装置 5台
・救急蘇生セット 3台
・自動体外式除細動器(AED) 2台
・低周波治療器 3台
・根管長測定器 8台
・簡易培養器 2台
・往診用ポータブルエンジン 2台 など

6.プログラムの管理運営体制

名称 「日之出歯科真駒内診療所研修管理委員会」
委員長 小野智史(院長・指導医)
委員 石田義幸(副院長・指導医)
戸倉 聡(診療部長・指導医)
今渡隆成(診療部長・医局長・指導医)
本間将一(診療部長・指導医)
飯田 彰(指導医)
千葉 宏樹(事務長)
小畑 真(弁護士)・・・外部委員
研修委員会の運営
毎月1回委員会を開催し、研修の管理運営状態、研修歯科医師の研修状況の評価、必要に応じてプログラムの見直し、さらには研修修了後の処遇などについての検討を行う。

歯科医師の臨床研修制度は、平成18年より義務化されました。日之出歯科診療所では、それ以前から、研修施設として多くの研修生を受け入れ、優れた歯科医師の育成に貢献してきました。「総合的な力を持つ歯科臨床医」を目指し、優れた技術の習得のみならず優れた人格を育成する研修プログラムを採用しています。

  • 1.マンツーマン指導

    10名以上の歯科臨床指導医を配し、きめ細かいマンツーマン指導を行っています。マネキン実習機器を用い、臨床経験が浅い研修医に手取り足取り歯科臨床基礎テクニックの習得のための指導を行います。

  • 2.総勢100名

    スタッフ総勢100名を超える大規模医療法人です。数多くの臨床症例を幅広く見学することができ、生涯役に立つ臨床経験をすることができる環境が整っています。

  • 3.自由診療

    一般的な歯科診療から高い技術を要する自費診療(インプラント、歯周組織再生治療、審美補綴など)まで、歯科診療の全般を学ぶことができます。

  • 4.継続勤務

    研修を経て、さらなる歯科臨床の進歩を目指して切磋琢磨する意思がある人には、引き続き当院に勤務する機会も得られます。